STORY

  • SEASON 2

    icon_navi_arrow_right
  • SEASON 1

    icon_navi_arrow_right

INTRODUCTION

2019年4月1日、アニメ『ULTRAMAN』がNETFLIXに降臨する――。

2022年春、アニメ『ULTRAMAN』がNETFLIXに戻ってくる――。

“俺たちがULTRAMANだ!”

『ULTRAMAN』シーズン2開幕!
伝説の「ウルトラ6兄弟」のイメージを継ぐ「六傑」(ULTRAMAN、SEVEN、ACE、ZOFFY、JACK、TARO)が集結し、宇宙スケールの異星人の陰謀に立ち向かう!

2019年にNETFLIXで配信開始されて以来、日本のみならず海外のファンからも高い人気を獲得してきたアニメ『ULTRAMAN』。
「父と子の宿命」、「等身大ヒーロー」という新たな要素を取り入れ、これまでのウルトラマン像を大きく覆し、新たなヒーローアクションストーリーとして再構築した本作は、「第47回 アニー賞」でBest Direction - TV/Mediaにノミネート、「VFX-JAPANアワード2020」TV・配信番組アニメCG部門で最優秀賞を受賞するなど、国内外で高い評価を獲得。

そして2022年春。NETFLIXで第2シーズンが全世界独占配信も決定!

謎の“人間消失事件”に遭遇した若きジャーナリスト、東光太郎(ひがし・こうたろう)は、事件が異星人によるものだという証拠を写真に収め、恋人のイズミとともに科学特捜隊に接触するが……彼はある事件によって炎の超能力を持つ超人になってしまう。
そして、等身大のULTRAMANたちの前に、巨大な「あの」宇宙兵器がたちはだかる……。

原作は清水栄一×下口智裕による漫画作品。
(「コミプレ(https://viewer.heros-web.com/)」で連載中。単行本、既刊17巻)。
世界11言語/24カ国にて出版拡大中
本作が切り開いた新たな世界観は、多くの若者たちからの共感と支持を受け、コミック累計発行部数が400万部を超えるヒット作となっている。

アニメ化を手掛けるのは、『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『ひるね姫~知らないワタシの物語~』の神山健治監督と、『APPLESEED』『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の荒牧伸志監督。

重厚なSF設定や多層的な人間ドラマのストーリーテーリングで国内外のアニメーションファンに絶大な支持を受けている神山監督と、日本におけるフル3DCGアニメーション映画の第一人者であり、CGメカニック・ガジェットのアクション演出で海外での評価も高い荒牧監督。

世界が注目する豪華クリエイターによる二人体制で手掛けられる『ULTRAMAN』は、フル3DCGアニメーションとして製作されている。
キャラクターは原作漫画のイメージを継承するためにセルルック(従来のアニメに近い画風)を採用。原作漫画ファンや、アニメファンにも違和感のないキャラクターの表情を実現。
アクターの演技をキャラクターに反映するモーションキャプチャー技術を導入した演出に、3DCGによるウルトラマンスーツの緻密な質感と、アニメーションならではのダイナミックなアクションが融合・飛躍するアニメーション制作は、Production I.G×SOLA DIGITAL ARTSが担当。
日本が世界に誇るヒーロー・ウルトラマンが、今、アニメーション作品の『ULTRAMAN』となって、世界に向けて新たなステージに到達する!

A new character "TARO" appears!
The 6 Warriors finally assemble!

Anime ULTRAMAN finally returns to Netflix in Spring 2022.

"We are ULTRAMAN!"

ULTRAMAN Season 2 begins!
Following the legendary Ultra 6 Brothers, the 6 Warriors (ULTRAMAN, SEVEN, ACE, ZOFFY, JACK, TARO) assemble to face against an alien conspiracy of galactic scale!

Since it began streaming on Netflix in 2019, the anime ULTRAMAN has garnered popularity with fans not only in Japan, but the world over. The series incorporates the themes of a father and son's linterlinking fates, and Life-Sized Ultra heroes. It has received both domestic and international acclaim, being nominated for Best Direction in TV/Media at the 47th Annie Awards and was awarded Best TV/Streaming Anime CG at the VFX Japan 2020 Awards.

Season 2 is set to begin worldwide streaming from Spring, 2022.
Young photographer Kotaro Higashi encounters a mysterious missing persons case. He takes a photo proving that it was the work of aliens and brings it to the SSSP with his girlfriend Izumi. However, a certain incident transforms him into a superhuman with incredible fiery superpowers. Then, a familiar massive cosmic weapon appears before the human-sized Ultraman…

The original work for the anime is the comics produced by Eiichi Shimizu and Tomohiro Shimoguchi.
Currently a serial publication with 17 chapters through Comiplex (https://viewer.heros-web.com/),
it is expanding publication into 11 languages and 24 different countries.
The new worldview which this comic introduced garnered adoration and support from many young fans, becoming a hit-seller, with cumulative publications at over 4 million copies.

Taking the reins are director Kenji Kamiyama, of "Ghost in the Shell: Stand Alone Complex" and "Napping Princess," and director Shinji Aramaki, behind "APPLESEED" and "Starship Troopers: Traitors of Mars."

Director Kamiyama has undying support from animation fans across the world for his profound Science Fiction settings, and his portrayal of multi-layered human drama storytelling. Director Shinji Aramaki is one the leading Japanese full 3DCG animation movie producers and has received critical acclaim overseas for his design of mechanical gadgets in CG animation.

ULTRAMAN, being undertaken by this pair of globally accredited creators, is also being made in full 3DCG animation. Cell shading is used to ensure the characters keep the look of the original work (a finish similar to traditional animation). It allows character portrayals that both fans of the manga and the anime will find familiar. Production IG and SOLA DIGITAL ARTS are using a mixture of motion capture technology to reflect the actor’s performance against the Ultraman Suits’ intricate textures in 3DCG, as well as incorporating the dynamic action that can only be expressed through animation.
Japan’s treasured hero Ultraman is born again in Anime ULTRAMAN and opens a new chapter in his history to the rest of the world.

STORY

世界中で地球人の大量消滅事件が発生──。レナと進次郎も、同時に消失してしまう。

そんな中、フリージャーナリストの東光太郎は恋人のイズミとともに「消失事件」の謎を追い始める。
異星人の正体はテロ組織「暗黒の星」。彼らは世界に向けて声明を出す。
「人類の半分を消滅させるか、地球の半分を割譲するか……どちらかを選べ」

その頃、消えた進次郎とレナは衛星軌道の異星人の船に転送されていた。
「暗黒の星」と科特隊の闘いに巻き込まれ、知りすぎた光太郎は、命を失いそうになるが……。

決戦の相手は巨大兵器「黄金の城塞」。
街を破壊し尽くす巨大メカを相手に、ULTRAMAN、セブン、エースに加え、ゾフィー・ジャック・タロウも参戦。
ついにULTRAMAN6ヒーローが集結する!

A global mass disappearing event takes place among humanity.
Rena and Shinjiro simultaneously vanish.
In the wake of these events, freelance journalist Kotaro Higashi investigates this mysterious "disappearance incident."
The aliens behind it are the terrorist organisation Dark Star.
They transmit a message to those on Earth.
"Give us half of the Earth, or sacrifice half of its people... make your choice".
At the same time, the recently disappeared Rena and Shinjiro are teleported
to the Dark Star ship orbiting the Earth.

Learning too much, Kotaro is caught in the crossfire between Dark Star and the SSSP, and is almost left for dead....
In the final battle, our heroes face off against the Golden Fortress.
Facing this giant mecha destorying the city, ULTRAMAN, SEVEN and ACE are joined by ZOFFY, JACK, and TARO.
At long last the 6 ULTRAMAN heroes have assembled!

INTRODUCTION

2019年4月1日、アニメ『ULTRAMAN』がNETFLIXに降臨する――。2019年4月1日、アニメ『ULTRAMAN』がNETFLIXに降臨する――。

かつて、巨大な怪獣や侵略異星人による危機から地球の平和を守り続けてきた“光の巨人”がいた。その名は、ウルトラマン。科学特捜隊の早田隊員と同化していた彼が、その使命を終えて地球を去ってから時は過ぎ、人類は繁栄の時代を迎えていた。しかし、それは表向きの平和に過ぎなかった…。

今、再び“光の巨人”の力が求められる時、光の因子を受け継いだ新たな英雄が現れる。だが、それは巨人にあらず。メタリックボディの強化スーツに身を包んだ等身大の悩み多き高校生だった…。
彼の名は、早田進次郎。かつてウルトラマンであった男、早田進の息子が、新世代のウルトラマンとなるべく奮闘する新たなる物語が、ここに幕を開ける!!

『ウルトラマン』が初めてTVに登場したのは1966年。そしておよそ半世紀を経た、2011年、コミック『ULTRAMAN』(原作:清水栄一×下口智裕 月刊ヒーローズ連載)が登場した。
『ULTRAMAN』が描くのは、ウルトラマンが地球を去ったその後の世界。鋼鉄の強化スーツを身に纏って戦う「等身大ヒーロー」としてのウルトラマンは、等身大の悩みを持ったかつての主人公の息子だったという、本作が切り開いた新たな世界観は、多くの若者たちからの共感と支持を受け、コミック累計発行部数が280万部を超えるヒット作となっている。

『ULTRAMAN』はアニメ化にあたっても、新たな世界へと挑戦する。手掛けるのは、『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『ひるね姫~知らないワタシの物語~』の神山健治監督と、『APPLESEED』『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の荒牧伸志監督。

重厚なSF設定や多層的な人間ドラマのストーリーテーリングで国内外のアニメーションファンに絶大な支持を受けている神山監督と、日本におけるフル3DCGアニメーション映画の第一人者であり、CGメカニック・ガジェットのアクション演出で海外での評価も高い荒牧監督。世界が注目する豪華クリエイターによる二人体制で手掛けられている『ULTRAMAN』は、フル3DCGアニメーションとして製作されている。アクターの演技をキャラクターに反映するモーションキャプチャー技術を導入した演出に、3DCGによるウルトラマンスーツの緻密な質感と、アニメーションならではのダイナミックなアクションが融合・飛躍するアニメーション制作は、Production I.G×SOLA DIGITAL ARTSが担当。
日本が世界に誇るヒーロー・ウルトラマンが、今、アニメーション作品の『ULTRAMAN』となって、世界に向けて新たな歴史の幕を開く。

April 1, 2019, the anime ULTRAMAN will come to Netflix―.April 1, 2019, the anime ULTRAMAN will come to Netflix―.

There once was a Giant of the Light who protected the earth from monsters and alien invasions. The name was Ultraman. He was assimilated with Hayata, a member of the SSSP. Years have passed after completing his mission of combating the earth from these threats, and humans have gained peace. However, this was only just for a short moment.

Now, once again earth needs the power of the “Giant of the Lights”, and the hero who inherited the genes of the Light now rises. However, the hero was not a giant, but a regular high schooler with worries and troubles in a metallic powered suit.
The story of Shinjiro Hayata’s, the son of the once Ultraman Shin Hayata, story of strive and struggle as he becomes the next generation Ultraman now begins!

Ultraman first appeared on TV in 1996. Now half a decade later, 2011, the comic “ULTRAMAN” (Eiichi Shimizu x Yuya Shimoguchi) has begun. “ULTRAMAN” is based on the story after Ultraman had left earth. The new series is based on a story of a “relatable hero” who wears a metallic powered suit as the new Ultraman. He is the son of the once Ultraman, with worries and troubles. This story plot had become very popular among young audiences and is now a hit series selling 2.8 million copies.

The anime version of this “ULTRAMAN” will be a whole new challenge. Kenji Kamiyama, known for directing Ghost in the Shell: Stand Alone Complex and Napping Princess, will team up with Shinji Aramaki, the director of APPLESEED and Starship Troopers: Traitor of Mars, to co-direct this series.

Kenji Kamiyama, who is popular among animation fans in and out of Japan with his profound science fiction story lines and human drama, and Shinji Aramaki who is the pioneer of full CG anime in Japan, well known in other countries for his CG Mechanic Gadget Action, team up. “ULTRAMAN” composed of these two extraordinary creators will be in full 3DCG animation. Production I.G. and SOLA DIGITAL ARTS will work together as the production team. The anime is made with the use of motion capture technology, the precise details of the Ultraman Suit with the 3DCG, and the dynamic actions.

STORY

かつてこの世界には〈光の巨人〉と呼ばれる存在がいた。やがて〈光の巨人〉はその役目を終え、遠い宇宙にある自らの故郷へと帰還し、同化していた地球人はそれまでの記憶を失うことで自らの在るべき場所へと戻っていった。ウルトラマンの存在は過去のモノとなり、科学特捜隊日本支部もその役割を終えて、光の巨人記念館へとその姿を変えていた。

早田進次郎は多感な思春期を過ごす高校生。だが彼は、自分が驚異的な跳躍力や頑丈な肉体といった人間離れした“普通”ではない力を持っていることを自覚していた。

そんなある日、進次郎は父・早田進が、かつてウルトラマンであったことを知る。
そしてウルトラマン無き地球に暗躍する宇宙人たちの存在も。
進次郎は、秘匿組織として健在する科学特捜隊の井手によって開発されたウルトラマンスーツを着用できる数少ない適合者だった。

「単刀直入に言おう――キミにウルトラマンになってもらいたい」

In this world, there once was a figure called the <Giant of the Light>. After completing his mission, he had gone back to his homeland. He had erased all memories relating to him, giving humans the peace they once had. The story is based on a world where <Giant of the Light = Ultraman> is now the past.

The high schooler, Shinjiro Hayata, notices that he has “special powers”. Unbelievable jumping skills, strength well over humans, and a body too powerfully built were just enough for him to realize he is not “normal”.

One day, he finds out that his father was once Ultraman. Shinjiro who has inherited those genes is one of the few who can wear the Ultra Suit.

“I will say this straight up – I want you to become Ultraman.”